今際の国のアリス

優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず鬱々とした日々を送るアリス。唯一の心のよりどころである親友のチョータとカルベと渋谷に繰り出した矢先、突然の閃光と共に街は無人と化す。不安を感じつつつも、誰もいない解放感にはしゃぐ3人。しかしそこは、様々な““げぇむ””をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”だった…。持ち前の観察力と判断力を発揮していくアリスは、仲間を作らずたった一人で“げぇむ”に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。命を懸けるというかつてない体験を通し彼らは、「生きること」に正面から向き合うこととなる。

解説

変わり果てた“今際の国”で生き延びるためのルールはただ一つ、命をかけた“げぇむ”に勝つこと。クリアすれば“ビザ”を取得し、“ビザ”に記された日数の分だけ生きることができるが、“ビザ”が切れる前に再び“げぇむ”に参加しなければならない。果たしてこの戦いはいつまで続くのか。“げぇむ”は毎晩日没後に開催される。場所や内容はさまざまだが、参加者はどこで“げぇむ”に参加してもいい。“げぇむ”会場に入場後はクリアするまで外に出ることは許されない。参加者には一人一台スマートフォンが支給される。スマートフォンにはトランプのカードが表示され、マークが“げぇむ”の難易度やタイプを表し、クリアするとその数字の分の“ビザ”が発行される。スペードは体力勝負の「肉体型」、ハートは人の心を弄ぶ「心理型」、クローバーはチームの絆が必要になる「バランス型」、ダイヤは頭脳戦が求められる「知能型」を示している。

スタッフ・キャスト

英題:ALICE IN BORDERLAND
製作年度:2020年
製作国:日本
監督:麻生羽呂
出演:山﨑賢人、土屋太鳳、村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、栁俊太郎、渡辺佑太朗

予告編 / 予告動画

タイトルとURLをコピーしました